• kozuwe

家具の買い替えは・・・

先日、自宅のテーブルを買い替えました。

正確に言えば、一度は購入手続きまで進みましたが、結局、キャンセルしました。

そう、一度は「買い替えた」はずが、やめました。

自宅のテーブルはいまの家に入居する時に求めたもので、もう10年以上使っています。

傷もつき、濡れたコップを置けばその後はしばらく取れない。

重くて模様替えも一人ではできないし、そろそろいいかなとずっと考えていました。

そして、お店で理想的なテーブルを発見。

何度か見に行って、よく考えて購入したのです。

届くのは2週間後となりました。

店を出て、車に乗り、移動する間に何だか気持ちがざわざわ・・・

家に着いて、今のテーブルを見てよりまた気持ちがざわざわ・・・

あんなに新しいテーブルを欲しがっていたのに、急に元気をなくす私に戸惑う旦那さん。

お別れすると思うと、いろいろなことが思い出されました。

このテーブルを買う時も何回も見に行きました。

買ったらこんな風に使おう、こんな風に置こう、いろいろ二人で話したのを思い出しました。

それから何度、このテーブルでご飯を食べたんだろう。

何度、うたたねしたんだろう。

お別れするのがすっかり悲しくなりました。

あんなに欲しかった新しいテーブルには申し訳ないけれど、うちには来てもらうのはやめようと思いました。

いいよーと受け入れてくれた旦那さんと、手続きをすぐしてくれたお店には感謝です。


家電は、お別れする時はあちらの理由がほとんどです。

壊れてしまったり、型が古くなって修理もできなかったり、仕方なく・・・ということがほとんどです。

でも、家具は違う。

こちらの都合がほとんどです。

生活スタイルが変わったならまだいい。

ほとんどは、飽きてしまったり、新しいものが欲しくなったりです。

家具はまだまだ使えるのにこちらの都合で買い替える。

これは悪いことではありません。

リサイクルして次の人が使ってくれることも多いし、人には新陳代謝は必要です。

新しいものに触れることは必要。

だけど、今回はどうにもこうにも気持ちがいまのテーブルから離れませんでした。

一度は気持ちが離れていたのに変なものです。

またいつか気持ちを変える時は来るのかもしれないですが、しばらくはうちで仲良くしようと思います。

ほんと使いづらいんだけど、傷だらけなんだけど、染みつくんだけど。

何だか不思議な出来事でした。






142回の閲覧

Follow me

  • Instagram